革命でいいんじゃない?革命推進派のひとたちってだいたい「他所の老害共が何千何万人くたばったところで、むしろメリットしかない」って言いそうだし。

何度か言ってるけどクソみたいな事ばっか言ってる火薬庫なおひとりさまインスタンスがこちらです。

わりとそれは感覚マヒしてるような(((

ボカロ丼はコミュニティではあるのでムラハチが起こっても何の違和感もないけど(危険視はする)、少なくとも音声合成に関わるor好きみたいな人が集まる開かれたフィールドという面を打ち出している以上はそういうことやるのはせいぜいブロックミュートに留めて、そういう関係になったら相手の事に関しては口を噤めって思いが強い。

こうしたらもっと良くなるんじゃない?くらいの部分はちょいちょいあるけど、それはぼくらリスナーの立場から提示するモンじゃないし(向こうが提示した文脈を否定して塗り替えるのを一方的に良しとするのはアーティスティックさに対する暴力にすらなり得るのでは?)

偉そうなこと言ってて気に食わないって言う部分でも、そこはお互い様としか思えないのよな。
論理の破綻が見られるところに関しては、みんな大好きな論破をしてるじゃん?だから主張を受け入れる・拒絶するって側面だってぶっちゃけ本質的にはどっちも変わらないように見えるのよね。

ただの暴力のぶつけ合いで、理詰めという側面で勝ってるけどレトリックで言えば圧倒的に劣ってんだよな。

気持ちだけでも理屈だけでも人を動かすことはできない、というかむしろ人間という感情の生き物を相手にしたら後者の方がよほどめんどくさいってのと、それ自体が暴力になり変わってるってのを自覚したうえで丼の人たち発言してるのかしら(丼の人たちというクソデカ主語

K-MASERAさんについては個人的に若干お世話になった部分もあるけど(音楽理論とかではない部分で)、いかんもんはいかんからな。

AIきりたんでもういっこ「使う側」として気になったのは、ガンガン動画あげていって最初に数字を取ったモン勝ちみたいな「数字に毒された人間」の有様をまざまざと見せつけられた所だな。

COMPの粉の大袋は開けたら最後、なる早で食べないといけないから食事をCOMPに縛られそうで手を出せてない。

鳥は「炎上が楽しい」というより、「炎上」という社会問題が1番可視化されやすい媒体なんだろうなっていう印象。
政治の話をするロビー・ラウンジ的な所をそういうものとして設けたら確かに鳥のような際立った炎上はなさそう。

割と真面目にすごく申し訳ない顔してる(

妄想の病気というのはなるほど言われてみれば確かに頷ける。ただどこまでがそうなのかの線引きが自分自身すらさっぱりできないので危険極まりない。。。

ワイの病状に無関係な人まで付き合わせてしまうのもあれなんで、アレではあるがこっちのアカもちょっと解放しときますかねっと。

知る人ぞ知るこっちのアカウント、ヒヒヒ。

あれ、いつの間にそこ相互になってたのね?

「〇〇さんと会ったこと」っていうのがてめえのマウント取りの道具になった時点でおしまいよ。

ワイがご意見カマしてるのに対してダセェっていうのは分かるんだけど、それ自体がてめえが鏡をみて自分のことをダセェって言ってる事の自白でしかないんだよなっていうの、気がついて欲しさよりも面白いから永遠にそのままでいて欲しいというのが勝っているひねくれっぷり。

要するに書く側も採用する側も、履歴書を介した「国語の問題」に囚われていると言ってもいいかもしれない。

いやーまだ言いたいことの半分も皮肉って言えてないけど人様の企画だったからあんま過激なことは書けなかったのよね。ただちょっとはチクっと刺せそうな気はするからそれでいいか。

Show more
ゆうだちぴ

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!